2012JAF CUPジムカーナin本庄サーキット

11月10〜11日に本庄サーキットで行われた今年のJAFCUP!
MS・intからはNNT4クラスに大塚選手(GDBインプレッサ)
PN1クラスに椎名選手(DE5FSデミオ)、N4クラスに私掛札(CT9Aランサー)が
参戦!当日は寒い一日となったがドライで走行することができた。
コースは予想通りのハイスピードコース。ゴール前の2本巻きパイロンターンも
曲者だった。まずはNNT4クラス。前評判ではシリーズ後半に尻上がりに調子を
あげたランサーの金子選手が有利と思われたが1本目はパイロンタッチ。
トップに立ったのはインプレッサの佐藤選手。大塚選手は最後のターンでサイドが
効かず4番手。2本目に入ると各車タイムアップ。大塚選手は最後のターンを
小さく決めてベストタイムを更新する!岩田選手にコンマ1秒抜かれるも2位を獲得!
インプレッサ不利と思えたコース設定で十分な実力を発揮した。
PN1クラスはデミオとスイフトの勝負。カタログ上でもパワー差のある2台。その差は
如実に表れてしまった。しかし椎名選手は予想を覆す1本目2番手!最後のターンは
これ以上無い位の小ささだった。2本目は更なるタイムアップをするべくコーナーを
攻めに攻めて中間タイムはコンマ7秒アップ!しかし最後のターンで狙いすぎたか
痛恨のパイロンタッチ。1本目のタイムで9位に終わるも、その熱い走りはデミオ
ドライバートップだったと言える。
N4クラスは参加9台。すこし寂しいが中身は濃い。全日本トップは参戦していないものの
上位ランカー、全日本優勝者、昨年のJAFCUPウィナーと面子は揃っている。
今回は久しぶりのSタイヤという事もあり、行ける練習は全て行って勘を取り戻しました。
その代わりコンパウンドはS2一本槍。ブレーキパッドとリヤLSDのセッティングを変更
しただけでサスペンションはあえてそのままにした。時間的に見てもとにかく慣れるのが
先決で、タイヤのコンパウンドやサスセッティングもこなす器用さはありません(笑)
結果的に天候は好都合でしたが、逆に低温で走行テストできなかったのでどの位
グリップするか探りながらとなります。でも攻めなければ良いタイムは出ない・・・
かなり悩みましたが1本目から攻める事に。2本目ドライで走れる保障はありません。
しかし、最初のシケイン入口でテールスライドをやってしまいました。大失敗です。
その後のセクションのリズムも狂ってしまいました。ゴール時点ではトップタイムでしたが
この走りで残れるほどこのクラスは甘くありません。少しづつ抜かれていき、金本選手
には1秒以上ブッチぎられました。結果、1本目は4番手。前半ゼッケンの自分としては
2本目ほんの僅かでも抜いてベストタイム更新しなければ勝ち目はありません。
タイム解析すると今の自分では、ほぼノーミスで走り切らないといけません。とにかく
悔いの無い走りがしたい!と思いました。エスエスパークでのJAFCUPが頭をよぎります。
あの時は実力を出し切れないのがこんなに悔しい事なのかと痛感しました。同じ思いは
絶対にしたくない!そんな気持ちで2本目をスタートして・・・とにかく攻めました。
今の自分の精一杯。何箇所かラインを外しました。それも精一杯のうち。ゴール後は
「5秒って言ってくれ!5!5!5!」と心の中で叫びましたが「・・・・・6秒1!届かな〜い!」
あ〜ダメだったかぁ〜。優勝は金本選手。めちゃくちゃうれしそうでした。
でもやり切った感でいっぱいです。関越でのJAFCUP以来の充実感。
最上位の2位獲得です。

でも・・・・でもでもでも・・・・JAFCUP見たら悔しさがあふれてきちゃってねぇ。
マジで獲りたくなった!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中